おすすめ漫画の書評部屋 平塚美容室calling

時間のない現代人に合わせて1巻で完結する本・1時間以内に読み終えるおすすめの漫画・啓発本・コミックエッセイを中心に書評しています 

妊活中の方必見のバイブル

不妊治療の気になるコトがマンガでわかる本
f:id:calling0307:20191029202240j:image

著書:杉山里英先生

[杉山産婦人科 丸の内副院長]
 
マンガ:花津ハナヨさん

 

発行年月日:2013年

 

 

2011年までのデータによりますと初婚の平均年齢が29.0歳で第1子を出産する年齢も平均で30.1歳と30歳を越えたようです

 

 

 

本書主人公の加藤A子さん35歳は結婚2年目でありながらキャリアウーマンであったため妊娠出産に関しては無頓着でした
f:id:calling0307:20191029202836j:image

 

しかし周囲からの心配の声もあり
f:id:calling0307:20191029203138j:image

 

 

次第に不安を覚えるA子さん
f:id:calling0307:20191029203316j:image
体内に保存されている卵子は35歳以上になると急に老化が進み、自然に妊娠できる確率がガクンとおちます

 

 

 

 

A子さんもついに不妊治療外来を受診する決意をしました
f:id:calling0307:20191029203503j:image

 

 

健康的な25歳くらいの男女が排卵日にセックスした場合でも受精し、着床する確率は30%程度というデータがあります

 

年齢を重ねるとそれだけ出産へのリスクも高まっていくという事です

 

 

不妊治療は女性だけの話しではなく男性側に問題がある場合も多い
f:id:calling0307:20191029204026j:image

 


f:id:calling0307:20191029204037j:image

 

男性も10人に1人の割合で精子に何かの問題を抱えている方が多いようです
f:id:calling0307:20191029205126j:image

 

 

誰にでも実際に起こりうる不妊治療に関しての知識や治療にかかる費用の事などノンフィクションに近い状態でマンガ収録されています

 

 

日本の不妊治療の問題は夫婦二人で向かい合って協力する事が必要不可欠であるという事を改めて認識させていただきました</h5 不妊治療外来の気になるコトがマンガでわかる本

花津ハナヨさん関連書籍はこちらです

不妊治療外来の「気になるコト」がマンガでわかる本 [ 杉山里英 ]

価格:1,430円
(2019/11/8 10:03時点)
感想(2件)