おすすめ漫画の書評部屋 平塚美容室calling

時間のない現代人に合わせて1巻で完結する本・1時間以内に読み終えるおすすめの漫画・啓発本・コミックエッセイを中心に書評しています 

無職生活 節約 転職指南書

タイトル

ぼくは無職だけど働きたいと思っている。
f:id:calling0307:20191019115057j:image

著者:しらいさりいさん

発行年月日2009年


f:id:calling0307:20191019115111j:image

 

 

どこにでもいそうな平凡なサラリーマン村田良男さん33歳

f:id:calling0307:20191019115154j:image

彼の仕事はテレフォンアポインターの営業職

 

 

契約を取るためひたすら電話をかけまくりますが相手の断り文句は定番化
f:id:calling0307:20191019115400j:image

 

 

毎日毎日ストレスと戦う日々だが辞める事もできずにいた
f:id:calling0307:20191019115347j:image

 

 

 

だがテレフォンアポは契約が取れなければ給料ももらえません、成績不振の人たちは上司の圧力により自主的な退職を余儀なくされます
f:id:calling0307:20191019115552j:image

 

 

 

そして主人公村田良男さんもついに...
f:id:calling0307:20191019115716j:image

 

ご多分に漏れず自主退職をさせられてしまった村田さんは晴れて無職生活者となってしまいます
f:id:calling0307:20191019115748j:image

 

 

その後、再就職などすぐに決まるとタカをくくっていた村田さんですが不採用不採用のオンパレード
f:id:calling0307:20191019115857j:image

 

 

 

貯金も底をつき始めてきたため節約生活にふみきります
f:id:calling0307:20191019120002j:image


f:id:calling0307:20191019121257j:image



 

 

その後、なんとか清掃会社で働く事ができた村田さん
f:id:calling0307:20191019120141j:image

 

 

だが職場にいまいち馴染めず清掃員という仕事にも引け目を感じていました
f:id:calling0307:20191019120156j:image

 

 

 

しかし帰りの電車で一緒だった年下の同僚の言葉により仕事に対する考えや価値観が一変します
f:id:calling0307:20191019120301j:image

 

 

 

【読み終えた感想】

現代社会はストレス社会と言われています、上司のパワハラモラハラに悩み精神を壊す若者も沢山います

 

営業職を嫌い気楽にできそうな清掃会社に勤めた主人公ですがとても楽といえる仕事ではありません

 

ですが働く続ける事でやりがいや価値観を見いだす事に成功し、何事もやってみなければわからないという作者様の考えが詰まった作品となっていました

 

【中古】 ぼくは無職だけど働きたいと思ってる。 /しらいさりい【著】 【中古】afb

価格:108円
(2019/10/29 09:38時点)
感想(0件)