おすすめ漫画の書評部屋 平塚美容室calling

時間のない現代人に合わせて1巻で完結する本・1時間以内に読み終えるおすすめの漫画・啓発本・コミックエッセイを中心に書評しています 

いつか見た青い空  中沢啓治

いつか見た青い空
f:id:calling0307:20191008104900j:image

はだしのゲンで有名な中沢啓治先生の平和マンガシリーズいつか見た青い空上下巻合わせた全2冊のドラマシリーズです

 

初版刊行は1986年
f:id:calling0307:20191008105041j:image

 

 

簡単なあらすじですがネタバレも含みます

 

 

本作品の主人公中学生の[本田進]
f:id:calling0307:20191008105117j:image

 

 

人生に希望が持てず毎日悪さばかりしていた
f:id:calling0307:20191008105253j:image

 

 

 

 

同級生の女の子にも乱暴
f:id:calling0307:20191008105330j:image

 

 

 

保護者から連日のように文句を言われてしまいす
f:id:calling0307:20191008105411j:image

 

 

 

進の母は進を生んですぐに亡くなり姉の英子と父の源三の3人暮らし
f:id:calling0307:20191008105523j:image

 

 

 

父は看板職人
f:id:calling0307:20191008105542j:image

 

 

源三は進の多少の悪さには目をつむっていたが今回ばかりは怒りだす
f:id:calling0307:20191008105744j:image

 

 

そんな亡き母の代わりとして辛い思いをしている英子にも結婚を約束したフィアンセがいます
f:id:calling0307:20191008105936j:image

 

 

英子のフィアンセ義男と源三も意気投合
f:id:calling0307:20191008110011j:image

結婚は間近だと思われた

 

 

 

しかし、突如結婚が破談となってしまう
f:id:calling0307:20191008110058j:image

 

 

 

源三は33年前、昭和20年広島原爆の体験者だったのだ、そして源三は自分の子供たちにもその事を隠していたのだ
f:id:calling0307:20191008110115j:image

原爆の被爆者は様々な障害を起こすとして結婚の話しを一方的に断られてしまったのだ..

 

 

 

源三は原爆の辛さを悲惨さを義男や義男の家族に切々と伝えはじめる
f:id:calling0307:20191008110427j:image

 

 

そして原爆により源三の親、兄弟も苦しみ死んでいったこと
f:id:calling0307:20191008110532j:image

 

 

当時の辛さを知りもせずただ煙たがる義男と家族に自ら願いさげを申し出る源三
f:id:calling0307:20191008110634j:image

 

 

 

次第に原爆の辛さに理解をしめしはじめる義男
f:id:calling0307:20191008110757j:image

 

 

そして進もそんな父の告白に看板職人を目指す決意をする
f:id:calling0307:20191008111023j:image

 

 

あの日の事を決して忘れてはいけない

 

中沢啓治 平和マンガシリーズ 1巻 いつか見た青い空 上巻【電子書籍】[ 中沢 啓治 ]

価格:748円
(2019/10/8 11:15時点)
感想(0件)

中沢啓治 平和マンガシリーズ 2巻 いつか見た青い空 下巻【電子書籍】[ 中沢 啓治 ]

価格:748円
(2019/10/8 11:16時点)
感想(0件)

いつか見た青い空 上巻 新装版/中沢啓治【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,540円
(2019/10/8 11:18時点)
感想(0件)

いつか見た青い空 下巻 新装版/中沢啓治【1000円以上送料無料】

価格:1,540円
(2019/10/8 11:20時点)
感想(0件)