隠れ家個室サロン平塚市の美容室CALLING

平塚駅南口から徒歩30秒にある一席だけの美容室です 髪の事だけでなく全身美容アンチエイジング・健康法に関する記事を投稿しています 【お電話0463-79-8025】URL【https://calling-hiratsuka.com】

美容食

パンを食べるならブランパン

カロリーや糖質を気にして中々食べられないパンですがそんな糖質制限やダイエット中の方に爆発的人気を誇るのがブランパンです ブランとは小麦の表皮の事で一般的なパンは小麦の8割を占める胚乳から作られますがブランパンは表皮が使われるため低カロリーで…

納豆にはネギ入れる方?オラたち気が合うかも~

冬の定番野菜といえば煮て良し、焼いて良し、生で良しのネギですね ネギの白い部分と緑の部分もまた栄養素に違いがあります。 ネギの白い部分は血液をサラサラにし体を温めてくれる効果があります。 辛味が苦手で水に浸けてしまう人もいますが水でさらすと薬…

免疫力を上げる冬野菜

体調を崩しやすい今の時期は免疫力を上げる栄養が詰まった白い野菜がオススメです 大根やカブ、白菜などの冬に多く食べられる白い野菜は免疫力を高め風邪や喉の痛みを治してくれる野菜と言われています。 特に大根やカブは熱に弱く時間がたつとビタミンCが失…

焼きミカンとな?

今年は気軽に栄養補給ができる庶民の味方ミカンが不作で高騰しているらしいですね。 コタツでミカンはまさに冬の風物詩ですがミカンも気軽に食べられなくなる時代がくるんですかねぇ.. そんなミカンですがそのまま皮を剥いて食べても良いですが最近は焼きミ…

最近のマイブーム

最近大豆たんぱく質をメインとした食事をしていますが新しく豆腐に合う食材を発見しました ツナフレークです(業務スーパーで一缶60円) 今までは豆腐に納豆か黒豆を混ぜて食べてましたが動物性たんぱく質の登場です 糖質制限には最適でしてマグロフレークに関…

う○ち臭っていませんか?

唐突ですがあなたのうんちは臭っていませんか? うんちの匂いの原因は腸内細菌の悪玉菌が増えている証拠です。 主に肉などの動物性脂質の摂りすぎや加齢によっても悪玉菌は増えてしまいます。 そんな腸内細菌のバランスを保ってくれるのが善玉菌の乳酸菌であ…

体を温める調味料

忙しい合間にホッと一息つけるコーヒータイムですがコーヒー豆は元々暖かい地域で取れる食べ物のため体を冷やす作用があります そんな体を冷やす食べ物も一工夫するだけで体を温めてくれます。 コーヒーには砂糖の代わりに黒糖やシナモンパウダーを加えてく…

食べ物で体を温めよう!

昨日の続きですが体は冷えを感じると寒さを防ごうと体内に脂肪を溜めやすくなります。 また冷えが続くと免疫力が低下し体の不調や様々な病気へと発展しやすくなります。 食べ物には体を冷やす物と暖める物があります。 体を温める食品を効率よく摂取し免疫力…

一袋19円のもやしが救世主

皆さんモヤシを食べてますか~? モヤシというとスーパーやクリエイトなどでは一袋19円で売ってます。 こんなに安くて美容に良い食品は他に類をみません。 モヤシとは穀類や豆類を発芽させたものの総称で植物性たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維を多…

クリスマス企画 ケーキとチキンどっちが太る?

今日はクリスマスイヴですね~日曜日だからどこも混んでるんじゃないでしょうか? 僕は仕事ですので合間をみつけてはせっせとブログ更新です。 そんなクリスマスといえばショートケーキとフライドチキンですね~ どちらも油を沢山吸って体に悪そうですが本日…

美容食品さつまいもの化け物!

今が旬のさつまいも美容に良いですよ~ カロリーは高めですが食物繊維が豊富でヤラピンとセルロースという成分が便秘解消や美肌作りには最適なお野菜です。 そんなさつまいもの化け物を発見しました まるで隕石のように巨大なさつまいもです。 重さをはかっ…

玄米は体に良いというけれど..

日本人の主食の代表として食べられている白米ですが炭水化物の中でも糖質の量が多く高血糖の方には注意が必要です 精製されていない玄米や発芽玄米はビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で特に発芽玄米に含まれるギャバは白米の10倍以上あり脳の血流を改善す…

糖分をとるなら果物や黒糖

イライラやストレスがたまると体はどうしてもエネルギー源である糖質を欲しがります。 糖質が体内に入ると欲求が満たされ副交感神経が働きリラックスできるのです。 ただ糖質を摂るにしても精製された白砂糖やお菓子、甘いケーキでは糖分はとれてもそれ以外…

手作りお弁当の作り方

働く男性にとって奥さんが作ってくれる愛妻弁当はエネルギーの源です ですが手作りのお弁当も作り方によっては腐敗の速度を早めてしまいます。 今の季節は比較的痛みにくいですが暖かい季節には食べ残しをあとからつまむのは危険です。 痛みにくいお弁当を作…

卵の保存法

卵は栄養豊富でお手軽価格という事で一家にワンパックは常に常備してあると思います 卵もちょっとした保存の仕方で長持ちします。 【尖った方を下にする】 卵の丸い方は空気の入った気室空間があり尖った方を下にする事で黄身がカラに接触せずに鮮度が長く保…

安全な豆腐の選び方

大豆は全ての必須アミノ酸を含み栄養価が高い事で知られていますが豆腐にもいくつかの添加物が入っています その一つに消泡剤があります。消泡剤とは字のごとく泡立ちを抑える添加物です。 豆腐を作る際、泡があると作業効率が落ち穴があいて見映えが悪くな…

これぞチョコレート効果

meijiのチョコレート効果を買いました。 カカオ成分95%の高カカオポリフェノールです。食物繊維が多く一箱で糖質も7グラムとかなり抑えてあります。その分、注意書きに非常に苦いとも書いてあります。 一目瞭然ですが食物繊維は100円で買えるチョコレートの…

塩分を控えている人は

発酵食品の中でも良質なたんぱく質を含み納豆に含まれるナットウキナーゼという成分が血栓を溶かし動脈硬化や脳卒中を予防してくれる優れた食品ですが塩分を控えている人はもう一工夫をしましょう 納豆に付属されているカラシとタレには甘味を与えるため糖分…

外食のフェイク食品

現在様々な、飲食店が凌ぎをけずっていますが中でも激安店の出店が目立っています。 家計の財布には優しいのですが中には本物に似せたフェイク食品も紛れています。 スーパーなどでは食品の成分表示が義務づけられていますが外食となると成分表示などはなく…

農薬量の見分け方

輸入果物、野菜にはポストハーベスト(収穫後農薬)が使われています。 中でも輸入果物で一番多いバナナ 農薬の量を調べる簡単な方法があります。 保存法によっても違ってきますが農薬は日持ちさせるために使うものですから数日過ぎても皮の色が変色しないもの…

プレーンヨーグルトにバナナを合わせてみて

プレーンヨーグルトは甘味がなく酸味が強いのでどうしても苦手という人はバナナを混ぜてみてください バナナ一本を一口だいに切り混ぜるだけです。バナナの自然な甘味がプラスされてベリー美味しいのです。 バナナをプラスする事で血圧を下げるカリウム、マ…

今注目の大豆製品は黒豆

大豆というと薄茶色の豆をイメージしますが豆にも【白大豆】【黒大豆】などがあります。 色の違いは種皮に含まれる色素によるもので正月のおせちなどに出される黒豆はアントシアニン、プロアントシアニジンが含まれています アントシアニンは赤ワイン、ブル…

添加物の入ったヨーグルトはオススメしない

ヨーグルトたべてますか? 便秘予防や美肌に効果があり乳酸菌やビフィズス菌がお腹の調子を整えるという事から特定保険用食品としても認められています。 そんなヨーグルトですが無添加であるプレーンヨーグルト以外の甘いヨーグルトは添加物がしこたま入っ…

今の時期の万能食品ミカン🍊

今日も寒い一日でしたね(>_<) こんな寒い日にコタツで暖まりながら食べたい果物がありますよね。そうです なんといってもミカンに含まれる食物繊維やビタミンCはシミ、そばかすを防ぐ美肌効果だけでなく風邪予防、血管強化まで手助けしてくれます。 ミカンは…

そば.うどん.ラーメン.食べるならどれ?

ラーメンを食べたくなったときにぐっと堪えてそばを食べてください。 ラーメンはかんすいをはじめとした添加物がたくさん使われています、そしてスープの脂肪分や塩分が多いことからオススメできません。 逆にそばは昔から健康に良いとされています。 その元…

食べ合わせで栄養成分が減る?

生野菜サラダでトマトとキュウリは彩りも鮮やかで食欲をそそりますよね。 ですが食べ合わせ的にはよろしくないようです。 きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという成分がトマトのビタミンCを壊してしまうそうです。 加熱処理や酢を加える事でビタミンCを損…

食卓にはゴマを常備

ゴマには数多くの健康効果があります さらに香ばしい香りや旨味など食卓に欠かせない食材です。 ゴマにはすぐれた抗酸化作用がありコレステロールや中性脂肪が気になる人にも有効な成分が含まれています。 白ごまの他に黒ごまや金ごまなどがありますが黒ごま…

自己流バナナ🍌ダイエット

なんとなんとですね、自己流のバナナダイエットを発見しました。 美容と生活習慣病予防のためには食事に20分以上(脳の満腹中枢に伝達が送られる)かけてよく噛むことが大事であるという事は説明してまいりましたが、どうしても早食いになってしまうという場合…

発酵美人になりましょう!

発酵食品には多くの美容効果があり特に女性には関心の高い食品になっています 普段献立にだされる納豆や味噌汁、漬け物なども代表的な発酵食品です。 発酵食品は体内の善玉菌を増やしてくれます またミネラル、ビタミン、食物繊維も豊富なので美容効果も抜群…

サバ缶の栄養素

青魚に多く含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸) 脳梗塞.心筋梗塞の予防としても有名ですがもちろん缶詰などの加工品でも問題なく摂取できます。 100グラム当たりの栄養価 サバ缶一個が190グラムですので一缶でDHA.EPA合わせて1500mg…