隠れ家個室サロン平塚市の美容室CALLING

平塚駅南口から徒歩30秒にある一席だけの美容室です 髪の事だけでなく全身美容アンチエイジング・健康法に関する記事を投稿しています 【お電話0463-79-8025】URL【https://calling-hiratsuka.com】

新商品紹介

テティシリーズからフレグランスシャンプーとトリートメントが発売されました
f:id:calling0307:20180119101339j:image

 

 

同シリーズのハンドクリームも大人気ですぐ完売したのですがこのメーカーさんの商品はデザインがオシャレで可愛いですね
f:id:calling0307:20180119101547j:image

 

 

容器もオシャレです
f:id:calling0307:20180119102434j:image
 弱酸性で髪に優しくほのかに香るフローラルの匂いが病みつきになる事間違いなしです
f:id:calling0307:20180119101825j:image

 

 

 

すごくリーズナブルな価格ですので大切なお友達へのプレゼントにも最適です
f:id:calling0307:20180119101935j:image

 

お店にて期間限定で取り扱っていますので気になる方は是非お試しください

おやつは3時頃までに済ませる

皆が大好きなおやつタイムですが無理に我慢してストレスを溜めるより工夫しだいで太りにくい体にする事もできます
f:id:calling0307:20180118125549j:image
昼食後3~4時間も経つと小腹がすいてきます、3時前後は体が最も代謝が活発な時間帯でもあります。

 

そのタイミングでおやつを食べれば細胞に新鮮な栄養が行き渡りカロリーを余る事なく使う事ができます。

 

夕飯まで空腹を我慢してしまうと体が飢餓モードにはいり食べた物は消費よりも備蓄に優先的に回されてしまいます、さらに夕飯の食べ過ぎが最も太りやすい体質へと変えてしまいます。

 

 

おやつを食べ過ぎては意味がありませんのでポイントは100カロリー以内に抑える事です。

 

さらに油の多いケーキやスナック菓子ではなく脂質の少ない和菓子やフルーツや無塩ナッツなど繊維質がしっかりと摂れる物を選んでください。

 

パンを食べるならブランパン

カロリーや糖質を気にして中々食べられないパンですがそんな糖質制限やダイエット中の方に爆発的人気を誇るのがブランパンです
f:id:calling0307:20180118101549j:image
ブランとは小麦の表皮の事で一般的なパンは小麦の8割を占める胚乳から作られますがブランパンは表皮が使われるため低カロリーでいて食物繊維も豊富です
f:id:calling0307:20180118101949j:image
一般的なパンと比べてもカロリーと糖質が3~4割り程度カットされている事がわかりますね

 

 

 


f:id:calling0307:20180118102114j:image


f:id:calling0307:20180118102130j:image

ドーナツでさえこの糖質量です。ミスドならドーナツひとつで糖質40~50ほどあります。

 

味に関しても生地の風味が良く(個人差があります)デメリットらしいデメリットはありませんがしいて言うなら通常のパンより若干割高でサイズも小さめという事くらいでしょうか。

 

 

一時は大人気で品薄が続いていましたが現在はローソンでも手軽に買えますし種類も非常に豊富ですのでパン好きな方はこのさいブランパンに変えてみては?

ちょい足しで栄養補給その2

レンジでチンの簡単調理で温かいご飯にかけるだけのレトルトカレー
f:id:calling0307:20180117134705j:image
レトルト食品は基本的に具材が少ない物がほとんどのため単品では栄養素が不足しがちです。

 

カレーにオススメのちょい足しメニューはツナ缶です
f:id:calling0307:20180117134845j:image
シーチキンはたんぱく質が多く脳機能にも有効なDHAEPAも補えます。鯖の水煮を加えてもOKです。

 

 

また日常的に食べたいのが卵です
f:id:calling0307:20180117135331j:image
卵はビタミンCと食物繊維以外の全ての栄養素を含んだ完全食品とよばれています。

 

また様々な料理の付け合わせとしても活躍の場が広くあります。

 

調理法は固ゆでより半熟の方が消化吸収が良いのでルーとからめて食べるとより一層効果的になります。

 

 

冬の痒みの原因

冬になると空気の乾燥から体がかゆくなる事が多くなります
f:id:calling0307:20180117103328j:image
また加齢と共に皮脂の分泌量も減ってくるため若い頃よりも乾燥傾向が進みがちなります。

 

 

ですが冬の体の痒みは乾燥以外にもいくつか原因があります。
肌荒れ、痒みを防ぐためにも以下の項目を自己チェックしてみてください

 

【お風呂は熱めが好き】

熱いお湯は体に必要な皮脂を奪い肌の潤いをなくしてしまいます、また皮膚の温度が上がるため痒みを発症させます

 

 

【入浴後は保湿する】

 

入浴後、時間がたつと肌はどんどん潤いをなくしていきます。肌が水分で潤っているうちに手早く保湿クリームを塗り乾燥から守ってください

 

【部屋が乾燥している】

 

エアコンをつけっぱなしにしているとどうしても部屋の湿度が下がり乾燥しといきます。
洗濯を室内で干す、加湿器を使う(カビの原因になるので湿度の上げすぎに注意)、水を張ったバケツや花瓶を置く、などで乾燥対策ができますので好みに併せてどうぞ。

 

また洗濯物の洗剤が残っていたり衣類のダニなども肌に刺激になり痒みに繋がるので布団もたまには天日干しすりなどの工夫もしてあげてください